お知らせ  INFORMATION

2017/10/28 up
コラムを更新しました
2017/08/01 up
ホメオパシー1day WS(9月)
2017/07/11 up
臨時休業のお知らせ

ヘルスケアコラム

ヒーリングコラム

※ 注意事項 ※

Angel touch がご提供している療法は、健康促進や癒しのためのご相談であり、医療行為及び医療類似行為には該当いたしません。
ご相談をお受けいただく際はそれぞれの療法に関する「注意事項」をご案内し、同意書にサインをいただいております。

< ヒーリング コラム >
苦しみに飽きるまで、人は苦しみ続ける   |   TOP   |   自分の影を探してみよう

潜在意識と顕在意識の統合

思考の現実化

今、現代社会の複雑な混沌とした状況の中で、多くの人が自分の健康や自己実現に関する何らかの悩みを抱えています。
うまく解決できずに、結果として身体や心に様々な不調が現れ、心療内科やカウンセリングに通っているという方も多くいらっしゃることでしょう。
でも、それでもなかなか良くならないという方もたくさんいます。

実際には、心療内科に行ったりカウンセリングを受けたりしても、根本的な解決にはなっていないと感じている方は多く、そういった方々は、状態が改善されない中でジレンマを感じられています。
自分の中では良くなりたいと思っていて、どうすれば良いかも頭ではわかっている。
わかっているんだけれど、でもうまく変われない・・・
そんな風に感じている方は少なくないのではないかと思います。

では、なぜ、「わかっているのに」思うようにならないのでしょうか。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

あなたは、「思考の現実化」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
簡単にいうと「自分の考えたことが現実化する」ということです。
自分の心が自分の現実を作っているという話題は、最近はあちこちで聞かれるようにもなってきました。
でも、
「私は自分でいくら『こうなりたい』と考えても、現実はそんな風になっていない、そんなことは起こらない」
と感じている方もいらっしゃると思います。

一体どういうことなのでしょうか。

人間の意識には、大まかに分けて潜在意識と顕在意識という二つの層があります。
顕在意識は私たちが目を覚ましてこの世界で生きている間に使っている意識です。「頭で」考えたことはこちらの意識で働きます。
一方、潜在意識はその奥の方に潜んでいる意識です。実はこちらが本当の自分、現実に起こることに影響を与えている自分です。こちらは顕在意識ではコントロールすることはできません。考えたり、思ったりしただけでは、なかなか変えることのできない領域です。

そして、顕在意識では、潜在意識が本当はどういう意識を持っているか、なかなかわからなかったり、受け入れられない場合が多いのです。
ところが、私たちそれぞれが生きている世界は、自分の潜在意識の中で創り出された世界が映し出されたものです。 実際にはまるで鏡のように、本来の自分である潜在意識が考えている世界が繰り広げられています。

私たちは普段、顕在意識で考えたことが、自分の考えであり、自分の世界だと思っています。しかし、本当は潜在意識のオーダーによって現実の世界が引き起こ されています。ということは、どんなに顕在意識で「こうなりたい」と思っていても、 潜在意識の自分が違う方向を向いたままだったら、、、現実は自分が考えている方向へは動いてくれないのです。

例えば、顕在意識の中では、「腰痛を治したい」と思っている人がいたとしましょう。
痛いし、動くのも辛かったり、気分も重くなったり、嫌なことばかりかもしれませんね。
でも、もしなかなか治らないのであれば、おそらく本当の自分はそうは思っていません。実際には全く逆のことを考えていることが殆どです。
簡単に言えば、潜在意識の中では「腰痛は治って欲しくない」と考えているのです。
そういう場合、腰痛があることで何か得られるものがあったり、その方が都合が良い、と考えてしまっています。本当は腰痛がなくともそれは手に入るはずなの ですが、腰痛があることでのみ、それが得られると思ってしまっている。なので腰痛は今のその人にとって必要なものとなってしまうのです。
つまり、潜在意識の思考の癖、そこに刷り込まれた思い込みやパターンがそこにはあり、それが現実を創り出しています。これが「思考の現実化」なのです。そ の結果として、顕在意識と潜在意識が統合されていない場合には、自分の中では「思うようにならない」現実となってしまいます。顕在意識と潜在意識の方向性 が違えば違うほど、この擦れ違いは大きくなってしまいます。

ですから、本当に「思考の現実化」を引き起こしたいのであれば、
「腰痛を治したい」のであれば、
自分の潜在意識の世界の思考を変える必要があるのです。

腰痛を引き起こしていた思考パターンに気づき、腰痛によって得られていたものが本当は腰痛がなくても得られるものであることや、あるいはそうやって得よう としていたものが不要なものであったことに気づくことができると、潜在意識のそのパターンを手放していくことができます。

このように「なりたい自分」を現実化するには、二つの意識の統合性を図ることが必要になります。
そのためにはまず顕在意識の上で求めているものをクリアーにし、潜在意識である本当の自分もその方向に合わせて整えていく必要があります。二つの意識がお互いに、同じように「それを手に入れている」状態を受け入れ、想像できていることが必要です。

顕在意識は、カウンセリングで気づきを得ていくことができますが、潜在意識はそれだけで整えることはできません。
潜在意識に絡み付いてしまった思考パターン、思い込みを切り替え、本当に欲しい状態に共鳴していくようにするには、潜在意識に働きかけるワークが必要にな ります。これはお話をするだけのカウンセリングでは到達できないため、ペルソナバランスヒーリングでは、潜在意識に働きかけるワークを用いてバランス調整 をしています。

ゴールの大切さ

人間は「意識の生き物」です。
いつでも、どんなときでも、無意識であっても、何らかの意図によって行動し、現実を創り出しています。それがあいまいであれば、起こる現実も曖昧になりますし、ネガティブなパターンであれば、ネガティブなサイクルを生み出してしまいます。

もし、何か困ったことがあったり、自分の現実に変化を引き起こしたいのであれば、まずそのパターンを切り替えることが非常に重要です。ヒーリングやセラ ピーの中には、その思考パターンを「切り替えて」くれるものもありますが、 そのパターンを切り替えた上で「どうなりたいのか」をはっきりさせなければ、現実は動いていきません。

「本当はどういう現実が欲しいのか。今の問題が解決したら、自分はどうなっているのか。」
このポイントをはっきりさせない限り、欲しい現実は起こって来ないのです。ネガティブな思考パターンを切り替えることが出来たとしても、方向性がはっきりしていないからです。
つまり、自分自身で自分の欲しい現実をはっきりと「意図」することが大切になります。

そしてここに重要なことが絡んできます。
脳は「現在」しか認識しません。
顕在意識の中では「過去、現在、未来」というカテゴリーがありますが、脳の中では本当はすべて「現在」にしかなく、過去も未来もありません。

自分の現実に変化を引き起こすためには、欲しい現実を「今、もうその手に持っている」ように脳にインプットする必要があります。「こうなったらいいな」というゴールでは、いつまでたっても「追いかけているだけ」で、それを手にすることはできないからです。

ペルソナバランスヒーリングでは、詳細なヒアリングを元に、「本当はどうなりたいのか」という方向を明確にして、今それが手に入っている状態に「ゴール」 を設定します。その上でそこに向かって潜在意識の方向性を切り替えると、意識全体がすでにそれを手にしている状態にフォーカスするようになります。ゴール に対してエネルギーバランスを調整することで、結果としてその方のエネルギーがゴールに向かって進むことが出来るようになるのです。

つまり、「思考の現実化」を手にするためには、どのようなゴールを設定するかということが非常に大切な役割を担っています。

セッション後の変化

このように自分の「意図」をはっきりさせた上でエネルギーバランスを調整すると、何が起こるのでしょう。
残念ですが、セッションは魔法ではありませんので「あっという間に」現実が変わるわけではありません。
でも、セッション後、自分の内面が安定したり、すっきりしたり、自分に必要だったことに気づくことが出来た、というような状態を手に出来る人が殆どです。あるいは、時々起こるケースですが、ものすごい勢いで現実が動き出し、「びっくりした」という場合もあります。

バランス調整をすることにより、エネルギーはその場で変化を遂げます。エネルギーの変化に時間は必要ありません。ただし、その変化したエネルギーの状態によって引き起こされる現実が現れるには、時間が必要になります。
ですので、変化は徐々に起こってくるということをご理解下さい。

しばらくすると、抱えていた不調が和らいだり、なくなったりするだけでなく、自分自身に対する見方やモノの考え方、周りの状況に対する自分の態度などが変化していることに気づくでしょう。
数ヶ月経ってみたら、いつのまにかゴールの状態になっていた、なんていう方も少なくありません。現実化のプロセスには、変化の時間が必要であるということさえ受け入れてもらえたら、きっと素敵な未来を手にすることが出来ます。

セッションを受けていただいた日はできるだけゆっくり休んでいただくようお勧めしています。それは、潜在意識のパターンを切り替えるために、エネルギーが たくさん動いているからです。身体は動いていなくても、エネルギーはかなり消耗しているのです。ですので、セッション後は眠くなる方が大半です。

そして、もしかすると眠気は何日か続くかもしれません。
それは、あなたの潜在意識の状態が切り替わり、あなたの世界をゴールに設定した世界に切り替える作業をしているというサインなのです。
無理をしないでゆっくり休んで、変化の流れを楽しんでください。
その先にはきっと、新しいステージが待っていることでしょう。

▲TOPに戻る