お知らせ  INFORMATION

2022/02/05 up
新メニューのお知らせ
2021/12/27 up
年末年始休業のお知らせ
2021/11/30 up
コラムを更新しました

ヘルスケアコラム

ヒーリングコラム

※ 注意事項 ※

Angel touch がご提供している療法は、健康促進や癒しのためのご相談であり、医療行為及び医療類似行為には該当いたしません。
ご相談をお受けいただく際はそれぞれの療法に関する「注意事項」をご案内し、同意書にサインをいただいております。

< ヒーリング コラム >
失敗を続けようとするエゴ   |   TOP   |   「何にも出てこない」のも大事なステップ

ブループリント(2)

(2019年11月16日 ブログ投稿)



私たちは、生まれてくる前に予め

人生の「青写真」を描いています。

 

それを「ブループリント」と呼んでいます。

 (ブループリント(1)を参照)

魂はその中身を知っていますが、
生まれた時には忘れてしまい、私たちの顕在意識では覚えていません。

 

ブループリントは、いわば写真のネガのようなもので、

必ずしも「決定」しているわけではありません。


実際にこの世界で写真(現実化)にするかどうかは、私たちの自由意思に委ねられています。

 

つまり、

自分が決めてきた「予定」だからといって、
必ずその通りになるわけではありませんし、
そうしなければならないわけでもないのです。

 

 

ただ、
ブループリントに描かれているものは、
ネガがある分、
現実化が速く起きやすいことは事実です。

 

ブループリントに描かかれていないものについては、
まずネガから作らなければならないため、


現実化するのに時間がかかる、
なかなかうまく物事が運ばない、

 

という傾向にあります。

 

 

人生のなかで、
トントン拍子にうまくいったこと、
なかなか思うように行かなかったこと、

 

どちらも体験があるはずです。




(どんな木になるかは、あなた次第。)

 

 

 

人生の中に、「どれが正しい」はありません。


最終的に何を学ぶかなので、
なにを選択しても、
何をしても、
OKです。

 

 

でも、
生まれる前にある程度決めていたものは
ブループリント(予定表)に書かれているため、

現実化しやすく、進みやすいですし、

 

確かにそれは、
魂が今回の人生でやろうとしている「目的」に近いといえるかもしれません。

 

とはいえ、
先ほども話したように、
そこに描かれていなかったものがダメということではありません。

 

やりたいなら、
欲しいなら、
ネガがなくてもチャレンジして良いのです。

 

 

ブループリントにないからといって、
現実化できないわけではないですし、
後からブループリントに加えられる場合もあります。

 

私たちは日々、寝ている間に魂レベルで色々な調整をしているからです。

 


 

この世界に生きている私たちには
「自由意志」があります。

 

ブループリントがあっても、 
寝ている間に魂が色んな相談をしても、
起きてからは忘れてしまうのがこの世界であり、私たちです。

 

その分、自由意志があり、
実際の(現実世界における)選択は自由なのです。

 

その結果として起きることを含め、そこから学ぶのがこの世界です。

 

つまり、

体験そのものが、この世界での学びです。

 

 

 

時には、
自分自身が何かのきっかけで大きなシフトをしたりすると、
目の前の景色が全く変わってしまうことがあります。

 

すると、

 

あれ?

 

なんでそれに向かって必死にやっていたんだ?

 

と思ってしまう、


なんていうことがないわけではありません。

 

 

すると今度は自分が向いている方向が変わり、

ブループリントに描かれているものに取り組み始める、
という場合もあるのです。



(気が向いたら向きを変えるニャ。)


 

先日、クライアントさんから、


「結婚相手は生まれる前から決まっているんですか?」


と聞かれました。

 

確かに、

 

結婚するかしないか、
どの相手なのか、

 

など、

 

ブループリントにはある程度のことは描かれているはずです。

 

だからこそ、出会ってすぐに
「この人かも」
と思うことがあるのです。

 

 

でも、やはり、

ここには「自由意志」が関係してくるので、

ブループリント通りになるかどうかはわかりません。

 

 

 

一つ言えるのは、

 

なるようにしかならない

 

ということ。

 

そういう相手ならば、
もし一度別れても、またご縁が繋がり、

そうなります。

 

 

そういう相手ではないならば、、、
何年お付き合いしても、そうなりません。

 

 

「この人が運命の人なのだろうか??」


と、
あまり考えすぎるのはやめましょう。

 

それはその時が来たらわかります。

そこにたどり着くまでの「体験」を味わいましょう。

 

体験と学びを重ねていくことで、

「ブループリント」も変化していくのですから。

 

運命の人は、
自分で決めて良いのです。

 

自分の人生に対しても、

「心配より信頼」をラブラブラブラブ

 

▲TOPに戻る