お知らせ  INFORMATION

2022/02/05 up
新メニューのお知らせ
2021/12/27 up
年末年始休業のお知らせ
2021/11/30 up
コラムを更新しました

ヘルスケアコラム

ヒーリングコラム

※ 注意事項 ※

Angel touch がご提供している療法は、健康促進や癒しのためのご相談であり、医療行為及び医療類似行為には該当いたしません。
ご相談をお受けいただく際はそれぞれの療法に関する「注意事項」をご案内し、同意書にサインをいただいております。

< ヒーリング コラム >
自分の問題を子どもに引き継がせないために読んでおくべき本   |   TOP   |   思い込みと受け取り方で世界は変わる

大事なのは『どこから来たか』ではなく…

スピリチュアルなセッションを受けた時、


セラピストやヒーラーから言われたアドバイスについて

 

「??(よくわからない)」

 

と思ったことはありませんか?

 

 

最もそうなアドバイスかもしれなくても、


「なんとなく腑に落ちない」

 

と感じたり、

 

「そうなのかもしれないけど何故そういう風に言われるのかな」


と思ったり、

 

「そんなこと言われても、どうすればいいのかわからない」


と違和感を覚える方もいるようです。

 

 

 

私個人としては、


「クライアントが納得できるように説明をするのも

そのセラピスト・ヒーラーの仕事である」


と思っています。

 

受け入れられるかどうか、
行動に移せるかどうかはその人次第ですし、

 

「ただメッセージを伝えるだけ」

という内容のセッションならばそれはそれで良いとは思いますが、

 

 

カウンセリングが含まれているようなセッションならば、


「あなたの魂がそうしたいと言っているから」


とか


「守護霊(天使)からのアドバイスです」


と言うだけで、
クライアントが意味をうまく理解できなくてもそのまま、

ということで終わりにするのは不十分だと思います。

 

 

現実的にどうすればよいかを知りたいなら、

 

どういうことなのか、
どうしていけばよいのか

 

ということを、
(少なくとも)ある程度は説明できるセラピストやヒーラーを探すことをお勧めします。

 

 

 

 

 


 

時々、
ご相談に来られた方がこの種の発言をされ、
「どういう意味なんですかね…?」
と尋ねられることがあります。

 

私からすると、
「どうにも説明できない」
という案件ではないはずだと思うことも、
説明できない、あるいはしないで

セッションを終わりにされてしまっている、
という印象を受けることが多いのです。

 

 

その結果、
「なぜそんなことを言われたのだろう…?」
とずっとモヤモヤしてしまいます。

 

「言われたことはわかるが今の自分には受け入れられない」
というモヤモヤとは違うのです。

 

それならば仕方がないですし、
焦らずに自分を見つめていくしかないですが、

 

意味がわからない

 

どうしていけばよいのかわからない

 

 

これではせっかくのセッションがもったいないですよね。

 

 

 

 

 

 

例えば
「パートナーが欲しい」
と思っているけれどなかなかそうならない。

 

そこで
「あなたの魂は望んでいないからそうなっているので、これで良いのです」


と言われただけで、あなたは納得できますか?

 

ということです。

 

 

納得できるならもちろんそれで良いのです。

でも、大抵の場合は納得できないと思われます。


そんな一言で納得できるなら悩んでないわけです。

 

「そりゃそうなんだろうけど、
自分では変えたいと思っているから相談しているのにな」

 

となりますね。

 

 

 

これはこのブログでよく言う
意識下の「カラクリ」
がわからないと説明できません。

 

今思っていることと、
それと合わない「現実」を引き起こしている心の奥の自分(魂)の間にズレがあり、
「結果」としてそうなっている、
というカラクリがあるわけです。

 

「パートナーが欲しいのにできない」
という同じ悩みでも、
人それぞれのカラクリは違なります。

 

だから同じ説明にはならないし、
「こうしていけば良いのでは」
というアドバイスも同じにはなりません。

 

 

でも、カラクリをお話すれば、
大抵の方は、
「なぜそうに言われるのか」は理解はできます。
(受け入れがたい場合はあっても)

 

目からうろこで納得し、
「すごくスッキリした」
「なんでそうなのかわかって腑に落ちた」
と言われる方も少なくありません。
 

 

 

スピリチュアルなセッションや、
見えない存在からのメッセージを否定するつもりは全くありませんし、
私も受けることもありますから、
良いものもたくさんあります。

 

ただ、


大事なのは

そこで提示されたメッセージをきちんと理解することであり、


「自分の行きたい方向に行くには何をどう取り組めばよいか」
がわかることです。

 

 

 

見えない存在からのメッセージだとすぐにありがたがる人もいますが、それは大きな落とし穴になりかねません。

 

そもそも、全く同じ内容のアドバイスでも
目の前にいる人間から発せられたものだとスルーしていて、

「あなたの守護霊から」とか、
大天使からのメッセージだと言われたらとたんにまことしやかに信じてしまうのはなぜなんでしょうね…?

 

 

守護霊も天使も、どんなものか、
そのメッセージが本当に「エネルギーの高い存在」からのものなのかなんて、
どこにも保証はないのに。

 

低級霊が大天使のフリをしている、
なんていうこともよくある話なのです。

 

 

もちろん、ちゃんとしたヒーラーさんもいらっしゃいますから、
全てを嘘だなどと言うつもりは毛頭ありません。

 

でも、ちゃんとしたヒーラーさんなら、
あなたがモヤモヤしたままでわからないで終わりということはないはずですし、
「どこから」「誰から」のメッセージかなんていうことをことさらに強調したりはしないでしょう。

 

 

そして、


本当はどこの誰からのものでも良いはずなのです。

 

本当の意味であなたの役に立つならば。

 

 

「メッセージ」は、
偉そうな有名な名前の天使や観音様からばかりやってくるわけではないのです。

 

 

もしかしたら、
目の前にいる普通の友人から発せられた言葉が一番大事なものかもしれません。

 

そこを忘れないようにしましょう。

 

 

 

 

そして、
「無用なアドバイス」かどうかも見極められることが大事です。

 

見えない存在からのものとなると、
必要のないメッセージまで過大評価しがちですが、
本当は「人間と同じ」です。

 

友達や知り合いからのアドバイスなら、
いらないものは切り捨てたり聞き流しますよね。

 

それと同じで良いのです。

 

 

スピリチュアルなセッションであればあるほど、

地に足をつけて受けるようにして、

「必要なアドバイス」

をしっかりと理解するようにしていただきたいと思います。

 

(2019年3月21日 ブログ投稿)

 

▲TOPに戻る